*Café de Kaori*

     パリに恋する私の旅の記録と、日々のちいさなしあわせ日記。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     スポンサー広告

    モンサンミッシェル☆修道院内を散策♪

    今日はぐっと空気が冷たくなりましたね
    秋も深まりいよいよ冬もすぐそこ・・・

    ちょうどこの旅写真たちの空気感と
    ピッタリ合う季節がまた近づいてきています


    画像 361-b


    さて、旅日記はモンサンミッシェル日帰りツアーのつづき
    今回は修道院散策のお話です

    残念ながらガイドさんの案内は入り口まで
    修道院内は各自でどうぞとここからは自由行動

    だけどせっかくなので
    バスのおとなり席さんと
    一緒に散策することになりました♪

    パリの街ではひたすら一人だったので
    (ひとり旅だからトーゼンですが 笑)

    7泊9日間の旅のうちの
    ちょうど真ん中の日程にあたるこの日は

    ツアー客はすべて日本人
    偶然おとなりの席になった
    同じく一人旅中の彼女と一緒に行動できたりもして

    思ったことそのまんま
    すんなり日本語での会話ができるってだけで
    それまでの旅の緊張も和らいで
    旅の『中休み』的な1日となりました

    さてさてバス車内で配ってくれた
    案内地図を片手にいざ修道院へ

    ちなみに地図はコチラ☆ ↓ ↓


         2013-11-11 14.59.39


    順路にしたがっていよいよ中へ
    まず最初に現れたのは
    まさにモンサンミッシェルの頂上部分
    修道院の最上階にある
    立派な吹き抜けのコチラ・・・


         画像 385-b


    『修道院付属教会~Eglise Abbatiale~』
    ・・・の、いわゆる大聖堂
    神々しい雰囲気に包まれていました

    ここでプチガイド☆
    旅のバイブル『地球の歩き方』によると・・・

    司教オベールが小さな礼拝堂を建てたのは708年
    (ミカエルの激しい脳天攻撃を受けたあの時ね 笑)

    それから数世紀に渡って増改築が繰り返されたため
    内部は様々な時代の建築様式が混ざり合った
    独特なものとなっているのだそう
    (たしかに継ぎ足し感たっぷりだったかも☆)

    中でも北面の2棟においては
    『Merveille(メルヴェイユ)~驚異~』と称えられる
    ゴシック建築の傑作といわれています

    ちなみに100年戦争中は
    要塞の役割も果たしていたそうで
    そう言われてみるとあの外観の
    なんとも堅固な雰囲気はまさに『砦』そのもの
    (ツンデレ的な外見と内面のギャップ 笑)

    時代とともに姿こそ変えながらも
    聖地としてずっと変わらず
    人々を見守ってきたのでしょう


    画像 386-b


    ステンドグラスの窓
    太陽はすっかり雲に身を潜めてしまったので
    差し込む光はささやかだったけれど

    暗い壁の中にくっきりと
    その形だけが浮き彫りになっていて
    それはそれで厳かな雰囲気がありました

    そんな大聖堂から次に続くのは・・・


    画像 390-b


    『回廊~Cloître~』
    修道士たちの瞑想の場所だそうです


    画像 388-b


    列柱といって細い柱が2列
    互い違いに並んでいます


    画像 391-b


    その列柱がぐるっと庭の四方を取り囲んでいて
    キレイに四角く整えられた背の低い植木は
    まさに『回』という文字そのもの☆


         画像 392-b


    回廊の途中、海に面したところには
    足元までくり抜かれた窓があって
    そこから湾の景色が見えました

    今は転落防止のためにガラスがはめてありますが
    昔はなかったそうですよ~コワイコワイ!


         画像 395


    小さいけれどキレイなステンゴグラスの窓に
    目が留まってパシャリ☆

    そして次の場所は・・・


         画像 398-b


    よくよく見るとアーチ型の天井の下に
    テーブルがたくさん並んでるのがわかるでしょうか??

    ここは『食堂~Réfectoire~』
    ・・・う~ん暗すぎ 笑


    画像 397-b


    とにかくフラッシュが全然届かなくて・・・
    窓からの光に照らされた壁上部なんとかパシャリ


    画像 399-b


    そして食堂から次の場所までの間に
    あの大天使ミカエルがいましたよ~!

    まさに司教オベールの脳天を
    プスっとやってる瞬間がコレです(←プスって・・・ 笑)
    行かれる方はぜひお見逃しなく!

    案内図によると次は『貴賓室』『巨柱の間』と
    続いていくんだけど・・・


         画像 401-b


    やっぱり内部は暗かったので
    光が入る窓にひたすらカメラを向けるしかなかった私☆
    (光に群がる夏の虫状態 笑)

    モンサンミッシェルに8つある礼拝堂のひとつ
    『サン・マルタン礼拝堂』も暗い中スルっと通りすぎ
    次に撮れたのは・・・


         画像 403-b



    『大車輪~Grande Roue~』

    10~16世紀にかけて
    絶え間なく行われた増改築の工事現場で
    実際に使われていた『貨物昇降機』
    いわゆるエレベーターみたいなものでしょうか☆

    この車輪の中に人が入って回転させてたそう
    ハムスターがクルクルやってるアレみたいな感じですね
    (そんなに高速じゃないと思うケド 笑)

    そして『サン・テティエンヌ礼拝堂』と続き・・・


    画像 405-b


    巡礼者のメイン階段として使われていた階段☆
    そして『散策の間』を通りすぎて・・・


    画像 408-b


    最後に『騎士の間~Salle des Chevaliers~』
    修道士が写本などをする仕事部屋だそう

    太いヤシの木のような柱が
    たくさんありました

    そしてやっぱり写真は窓オンリー~
    最初から見返してみてもその窓率の高さったら・・・

    題して『モンサンミッシェル窓コレ2011』笑

    カメラ小僧としては不完全燃焼の中?
    修道院内の写真はここで終了~☆

    本格的カメラをお持ちの方は
    冬季にはぜひぜひ
    強力なストロボをお持ちくださいね

    さてさて修道院の最後には『施物分配室』といって
    貧しい巡礼者にパンとスープを配った場所へ

    そこは現在は売店となっていて
    モンサンミッシェルグッズがいろいろ売っていました♪

    おみやげはまたあとで
    参道で買おうと思っていたので
    ここで記念にゲットしたのはコチラ☆


    2013-11-11 19.04.33


    美しいモンサンミッシェルのポストカードたち♪

    私たちが行った時期とは違った
    イルミネーション飾りのないもともとの姿や
    海に浮かぶ満潮の湾に浮かぶ姿
    そして空から見下ろした姿などなど・・・

    一番下のカードは
    スライドすると夜景へと変化するというもの☆

    これもステキ!
    あ、こんなのもあるよ!!と
    バスのおとなり席さんとワイワイ言いながらの
    楽しい物色タイム、貴重な時間でした~


         画像 409-b


    外へ出るとイルミネーションが点灯していました☆


    画像 410


    ここでバスのおとなり席さんと交代で
    海をバックに記念撮影タイム♪
    (なんとも言えない着ぶくれ感がありますが・・・笑)

    修道院内散策はこれにて終了~
    さてさてモンサンミッシェル最終章は次回へ・・・
    ラストは参道散策と
    あのオムレツとのご対面です♪♪♪


    関連記事

     3日目・モンサンミッシェル

    - 8 Comments

    さえ  

    No title

    ついに修道院内部ですね。とってもきれいです。

    て、ミカエル本当にプスってやってる><

    写真が窓ばっかりなの、ちょっとおもしろいです。
    事情を知らずに見たら、かおりさんて窓マニア?て
    思うかも(笑)

    部屋の中の写真は難しいとしても、肉眼でならふつうに
    見られるくらいの明るさはあるんですか??

    2013/11/12 (Tue) 20:10 | REPLY |   

    たかこ  

    No title

    「天国のドア」は回廊です!!!
    手前が新約聖書、奥が旧約聖書がなんたらかんたらって説明されましたが、覚えておりません…(-_-;)

    ミカエルのモチーフは・・・記憶ナッシング。。。あれれ???
    エレベーターは覚えてます(^_^)

    ほんと壁画やステンドグラスが現存していたら、どんなに美しかったか・・・
    でもこれも歴史を知るうえでも、変に後から付け加えたりしないで、今あるがままでいいのかもしれないね。
    あのオムレツ・・・ケッチャップ欲し~~~~~~のねw

    2013/11/13 (Wed) 10:26 | EDIT | REPLY |   

    かおり  

    さえさんへ♪

    ね?ね?プスっとやってるでしょ~?? 笑
    しかもよく見ると親指のように見えるんです
    人差し指じゃなくて、親指!
    それってけっこうな圧力かけてますよねぇ 笑

    そして『窓コレ』になっちゃった写真たち
    おもしろいですよね~ 笑
    もちろん肉眼だとちゃんと見えるんですよ~
    ちょっと薄暗いなぁ~ってくらいで☆

    でもでもいかんせん安物のデジカメでは
    光を全然感知してくれなくてほぼ真っ暗!
    で、こんな仕上がりになっちゃったのです

    少しでもちゃんとして見えるものをチョイスしてアップしたので
    『キレイ』と言ってもらえてほんとにホッとしました♪

    2013/11/13 (Wed) 16:09 | REPLY |   

    かおり  

    たかこさんへ♪

    回廊が『天国のドア』と言われてる場所だったんですね~
    調べてみたら確かに諸説書かれてました☆

    あの列柱が続く回廊を歩いていると
    無限に続くような錯覚に陥って時空をさまよってしまう・・・とか
    庭が天国を象徴してる・・・とか
    なぁるほど~でした!

    やっぱりガイドさんの説明を聞きながらの散策はいいですね♪
    でも私も後になってみたら『あれ?なんだっけ?』と
    結局うろ覚えってことにはなりそうですが 笑

    そして昔にはちゃんと華美な部分もあったんですね~
    きっと美しかったでしょうね!
    今のあの修道院はまさに飾り気のない空間だからこそ
    神聖な祈りの場所になってるのでしょうね☆

    次回はオムレツ♪これがまた・・・ケチャップどころではなく・・・
    あ、コレ以上はまた次回です 笑

    2013/11/13 (Wed) 16:24 | REPLY |   

    まいこ  

    修道院

    いよいよ修道院内部!
    写真からも重厚感が伝わってきますよ~
    近くで見ると圧倒されてしまいそう。
    窓や柱のひとつひとつが重みがあって…まさしく世界遺産ですね
    かおりさんの記事を読んでガイドさんと巡るオプショナルもいいなあって思いました
    なかなか自分だけでは難しい場所へ行けるし、面白いデータやエピソードを教えてくれますもんね^^

    そして、、、ミカエルさまの脳天プスっとシーン!
    けっこう容赦なく刺してる(笑
    大丈夫かオベール!(笑

    ポストカードどれも綺麗ですね
    どれにしよか迷いながらお土産を選ぶのって、すごく楽しい時間ですよね♪

    2013/11/17 (Sun) 11:27 | REPLY |   

    かおり  

    まいこさんへ♪

    すっかり窓コレになっちゃってますが
    重厚感、伝わったでしょうか~ 笑

    だけどほんとさすが満潮時には海に浸かってしまうことから
    昔は命をかけて目指したと言われる『聖地』
    そのシンプルすぎる内装には重々しさがありました

    肝心な修道院内はガイドさんナシで残念でしたが
    それでも道中は貴重なお話がたくさん聞けてよかったですよ~♪
    イタリアにもきっと興味深いたくさんの
    オプションツアーがありそうですもんね
    ぜひいつかトライしてみてくださいね~

    ミカエルの脳天プスッと彫刻は衝撃的でしたが
    あれもガイドさんから聞いてなかったらスルーだったと思うと
    思い出の貴重な一枚となりました☆

    ポストカードは後で見返すと『似たり寄ったり』なのですが
    それでもあの楽しい時間を思い出すアイテムとして
    大事にとっておこうと思います☆

    2013/11/17 (Sun) 13:19 | REPLY |   

    ゆうひ  

    No title

    あ~も~
    定番になってしまったかも・・・
    1コ前の記事へのコメントi-229
    遅れ遅れでゴメンナサイねi-201

    かおりさんの「窓コレ」
    素敵でした~~♪
    どれもズッシリと重みがあって・・・
    うちのアルミサッシとは全然ちがーう(アタリマエ)
    かおりさんの解説も楽しいし☆
    でもでも!大車輪にはオドロキでした!!
    うそ~~ん、本当にあの場所で人間が?
    ハムスター的な役割を??
    私ならきっと中で転んで一緒にガラガラまわってますね・・・

    上空からのモンサンミッシェル(のポストカード)
    とってもカッコイイです~~☆

    凸♪

    2013/11/20 (Wed) 15:18 | REPLY |   

    かおり  

    ゆうひさんへ♪

    1個前でも10個前でも
    まったくもってお気になさらないでくださいねっ!
    これからはごめんなさいなんてぜひ思わずに
    気楽にいつでもコメントいただけたらそれだけで感激です
    もちろんお忙しい時はスルっと写真だけでも
    見てもらえるだけで本当にうれしいですよん♪

    そして『窓コレ』楽しんでいただけたなんて!
    しかも私のとりとめのない解説まで・・・!

    窓ばっかじゃ~~ん!とツッコミ受ける前に
    自ら命名した甲斐がありました 笑

    大車輪、ビックリですよねーーーー
    私もきっとあの中に入ったら
    ずっと真ん中の支柱にしがみついて
    どこぞのお店のバームクーヘンのようにクルクル回ってそうです 笑

    上空からのいいですよね???
    前にテレビでセスナから見下ろしたシーンを見て憧れてた景色です♪
    セスナのオプションツアーあるかもなので
    いつか夢を叶えられる時にはぜひ要チェックですよん☆

    2013/11/21 (Thu) 23:34 | REPLY |   

    Leave a comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。