*Café de Kaori*

     パリに恋する私の旅の記録と、日々のちいさなしあわせ日記。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     スポンサー広告

    パリ・モンマルトル散策♪~サクレ・クール寺院~

    大好きな映画・・・『アメリ』♪
    その舞台はパリ・モンマルトルの丘


       アメリ1


    パリ散策4日目のこの日は
    そのモンマルトルを歩きます

    憧れの映画のシーンに出てくる場所を歩けるのね~!
    しかもそれが遠くフランス『パリ』でだなんて・・・!
    この上ないワクワク気分です

    まずは重要なシーンのロケ地となった
    サクレ・クール寺院へ♪

    地下鉄の最寄り駅だと
    メトロ2号線の『アンヴェール(Anvers)駅』

    ホテルから徒歩でも行ける距離なので
    朝の散歩を楽しみつつ向かい・・・

    さらに高台にある寺院へは
    寺院の目の前の坂の向かって左手にある
    ケーブルカー『フニキュレール』に乗りました


    7_201401171143580fe.jpg


    フニキュレールの窓からパシャリ☆

    結構な傾斜ですよね~
    歩いてる人ももちろんいるけれど
    やっぱりケーブルカーが便利で楽チン

    地下鉄バス共通の切符『カルネ(carnet)』で乗れて
    グングン登ればあっという間に到着☆

    さっそく目の前にドドンと現れました~


    8_2014011712085985f.jpg


    『サクレ・クール寺院~Basilique du Sacré-Cœur~』

    1919年に完成したキリスト教会
    サクレ・クールとは『聖なる心』とう意味で
    『神の御心へのフランスの尊仰』を表現しているのだそう

    丘の上で白く輝くドーム型の建物は
    市内のどこにいても見つけることができて
    パリの一番高いところから
    街をいつも見守ってくれています

    映画での登場シーンは・・・


    アメリ2


    そうコレコレ!!
    ここでアメリが思いを寄せる彼を
    変装してコッソリ呼び出しちゃうのよね♪

    ・・・と映画のシーンを回想するのは
    あとあとゆっくりってことにして

    まずは目線をパリの街並へ


    9_201401171208593aa.jpg


    まだ午前中なのに夕暮れみたいな不思議な空の色☆
    かなり霞んではいたけれど
    パリの端っこまで見下ろすことができました


    13_20140117123805124.jpg


    これは教会の前の広場にやってきた『プチトラン』

    急な階段や坂道が多いモンマルトルのみどころを
    約35分ほどでぐるっと周ってくれる
    蒸気機関車の形をしたかわいい観光用のミニバス☆

    ゆっくり散策する時間がなくてサクっと周りたい方や
    歩くのが大変そう~って方にはオススメの乗り物です

    一人で乗るには勇気がいるので乗らなかったけど
    誰かと一緒に・・・ならいつか乗ってみたいな♪

    そしてここの広場にもこの時期限定の
    クリスマスマーケットがいくつか並んでいて・・・


    25_201401171432126a2.jpg


    たくさんの人で賑わってましたよ☆

    そして、コレ! 
    飲んでみたかったの~!
      ↓ ↓ ↓

    11_20140117123806cf4.jpg


    おじさんがかき混ぜてるお鍋の中には・・・?


    12_20140117123806f86.jpg


    『ショコラショー(chocolat chaud)』

    いわゆるホットチョコレート☆
    あったかくて甘くってほろ苦くって
    パリで定番のカフェメニューです♪


    10_201401171208583f8.jpg


    少し時間がたつと空も明るくなってきて
    人も増えてきましたよ~♪

    ショコラショーでほっこりしたあとは
    いよいよ教会内部へ
    (中へは無料で入ることができます)

    残念ながら聖堂内は撮影禁止なので
    ポストカードの写真をお借りしました


         14_2014011713455366a.jpg


    正面にあるキリスト昇天のモザイクは
    その大きさといい色彩といい
    とても素晴らしいものでした☆

    荘厳な空気に包まれて
    しばし静かな時間を過ごしたあとは

    ドームからの展望を楽しむために
    有料のチケットを購入してまたまたコレを登ります


    15_201401171345524cd.jpg


    でました~!
    凱旋門でもグルグルグルグル
    ひたすら登ったらせん階段☆


         17_2014011713455009d.jpg


    らせん階段がいったん終了したところで
    細~いドアから一度外の通路を進み
    メインのドームへ向かいます


    16_20140117134551d9e.jpg


    ひとまず見下ろしたモンマルトルの町並み☆
    パリ中心部とは違って
    細い坂道沿いに立ち並ぶ
    幅の狭い建物たちがなんだかかわいい♪


    18_20140117140328b17.jpg


    そしていよいよ一番てっぺんのドームに到着☆


    19_20140117140327e82.jpg


    うわぁーーー高いっ!!!
    ずーーーっと向こうの高層ビルたちも
    まるでオモチャのようです


         20_201401171403264f1.jpg


    すぐ下を見下ろすと教会前の庭☆
    キレイに並んだカラフルな車たちに
    メリーゴーランドのグリーンの屋根もなんだかカワイイ♪

    そしてそしてやっぱり
    コレを探さなきゃ!!


    21_201401171432145a9.jpg


    みーーーっけ☆☆☆
    大好きなエッフェル塔!

    だけどここから見るとやっぱり
    ジオラマにちょこんと置いたオモチャみたい 笑

    さぁ、これで思い残すことはないわっ☆
    そろそろまたあの階段を降りなくちゃ

    と歩き出したときにみつけたもの・・・


    22_201401171432136d3.jpg


    いびつなハートで無理やり囲んだ
    『FRANCOIS ET SOPHIE POUR LA VIE SEPT 2002』
    ~フランソワとソフィエ ずっと一緒に 2002年9月~

    ほんとは絶対ダメなことなんですけどね
    『落書き』は絶対いけないんだけど・・・

    ハートの形がそれはそれは強引で
    思わず笑ってしまった私 笑

    どこぞのフランソワ!もぉ!ダメじゃない!
    それとも彼女のソフィエがねだったのかしら!

    でも・・・

    落書きがいつか消えても
    ずっと一緒に仲良くね 笑

    約10000kmも離れたジャポンの片隅で
    ちゃんと覚えておきますので☆

    さて、長くなっちゃったので
    ひとまずここまで・・・

    アメリのシーンはまたゆっくり振り返ります♪


    関連記事

     4日目・モンマルトル

    - 8 Comments

    ゆうひ  

    No title

    ほんと、めっちゃ急な坂道!
    私も・・・やっぱりケーブルカーかな??

    ドドンと現れたサクレクール寺院・・・
    いや~ん、とっても素敵ですね~♪
    ショコラショーもオイシそう!
    螺旋階段がおわったところの細いドア??
    すごく気に入ってしまいましたー!
    なんかいいわーー(≧▼≦)

    お決まりのエッフェル写りこみ写真が
    かおりさんらしくていいですね♪

    ひょーーーっ!
    当日にコメントできちゃったわー!
    ・・・と思ったら??今日は18日なのねi-229

    凸♪

    2014/01/18 (Sat) 16:55 | REPLY |   

    さえ  

    No title

    かおりさん、おはようございます。

    サクレクール、独特の美しさですね。
    寒くても、クリスマスマーケットがあればテンションあがりそう♪
    ショコラショー飲みたいです。

    サクレクールってあんまり治安が良くないイメージなんだけど
    実際は女性ひとりでも全然大丈夫なのかな?

    2014/01/19 (Sun) 10:11 | REPLY |   

    かおり  

    ゆうひさんへ

    坂道、ほんと急でしょう~??
    ジグザグになって少し傾斜のゆるい道も脇にあるので
    距離は長くなっちゃいますが
    ソッチをテクテク歩くのもアリですよん☆

    細いドアの写真はあえて載っけなくてもいいかな~って
    ちょっと迷ったんですがなんか私も好きで☆
    ゆうひさんのツボにはまったなら載っけて正解でした♪

    エッフェル塔の写真はこれでもかなり厳選したんですーーー
    鉄道写真をバシャバシャ撮る『撮り鉄』かってくらい
    かなりの枚数撮ったので・・・笑

    あらためまして一番乗りのコメントありがとうございました♪ 笑

    2014/01/19 (Sun) 10:59 | REPLY |   

    かおり  

    さえさんへ♪

    今日はパソコンの調子がすこぶる快調で
    さっそくお返事できて良かったです☆

    寺院内の写真が撮れないのはほんと残念でしたが
    ステンドグラスの窓やたくさんの祭壇も
    すごく厳かな雰囲気で気持ちがスーっと落ち着きました

    そうそう、さえさんよくご存知ですねー
    サクレクールは確かに急に腕に無理やりミサンガを巻かれて
    お金を払えって言われたりする・・・って警告を
    ネットでたくさんみかけたけれど
    私の印象としてはしっかり用心さえしていれば
    思ったほど危ない場所ではなかったですよ~☆

    だけどこれも運やタイミングなのかもですけれど・・・
    気を抜かないってことが一番のアドバイスかもですね☆

    2014/01/19 (Sun) 11:05 | REPLY |   

    まいこ  

    こんばんは

    かおりさん こんばんは♪
    モントルマルって名前はよく聞いたことがありますが、
    こんな素敵な場所なんですね
    サクレ・クール寺院もどこかオリエンタルな雰囲気のきれいな建物…☆
    エッフェル塔もバッチリおさめた写真もお見事です~!

    大好きなアメリのロケ地で飲むホットチョコレート、美味しいでしょうね^^

    そうそう、イタリア語のケーブルカーが「フニコラーレ」なんですよ
    フランス語の響きとよく似てて嬉しくなりました

    2014/01/20 (Mon) 00:00 | REPLY |   

    かおり  

    まいこさんへ♪

    こんばんは~☆
    モンマルトルは散策にはもってこいの
    ステキな通りが盛りだくさんの場所なんです~
    サクレ・クール寺院の形はたしかに
    イスラムのモスクを思わせるドーム型
    パリ中心部の教会たちとはまた違った雰囲気でしたよん☆
    だけどどこにいても『エッフェル塔を探せ』って司令が頭をよぎって
    必死にウォーリーを探すような旅でしたー 笑

    ケーブルカーはイタリア語で『フニコラーレ』!
    やっぱりおとなりさん、言葉や発音がとっても似てますね♪
    勉強になりました☆

    2014/01/21 (Tue) 19:58 | REPLY |   

    たかこ  

    同じツアーの方の乗った方が途中で止まってしまって、ビックリしましたわ。
    でもガイドさんは普通の事みたいな対応で、日本の素晴らしさが露呈してたっけ。
    モンマルトルはイメージがアートだったんだけど、ごちゃごちゃでちょっとビックリ。それにその周り(ムーランルージュの辺り)は、歌舞伎町より凄くてビックリしちゃった!
    それとワンコのウンコ(笑)
    ずっと下向いて歩いてた(笑)

    2014/01/22 (Wed) 15:00 | EDIT | REPLY |   

    かおり  

    たかこさんへ♪

    こんばんは☆

    プチトランかバスか何かが停まっちゃったんでしょうか~?
    そういうの、日本ではほぼあり得ないことですもんね!
    いろんなことが『当たり前』と感じられる国に生まれて
    ほんと幸せです 笑

    たかこさんが感じたモンマルトル=『ごちゃごちゃ』
    なんかわかる気もします~笑
    私が感じたアートな空間はやっぱり広場の画家さんたちと
    ゴッホが住んでたアパルトマンを見れたこと!
    またおいおい書いていきますね~

    ムーランルージュのあたりはやっぱり一人歩きだし
    遠目にチラっと通っただけなのでわからなかったですが・・・
    ワンコのウンコだらけなんて!!
    ひぇーーーそれはデンジャラス 笑

    せっかくの散策が思わぬ障害物に首ったけだったんですね~
    その情報、私も次回への教訓にしておきますね☆

    2014/01/23 (Thu) 18:47 | REPLY |   

    Leave a comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。