*Café de Kaori*

     パリに恋する私の旅の記録と、日々のちいさなしあわせ日記。

    パリの朝~Le matin de paris~

    旅立ちから考えるとここまで書くのに
    とっても時間がかかったけど

    ここにきてふと思ったこと

    いつしかパリに憧れを抱くようになり
    いつか行きたいとゆう夢を持ちはじめて
    思いをめぐらせていた長い時間と

    いざ旅立ちを決めて
    さまざまな本を読み地図を広げ
    頭いっぱいに情報を詰め込んで

    いよいよスーツケースを手に
    夢への一歩を踏み出すまでの時間

    どれをとってもとてもとても
    大切な時間で
    大切な思い出で

    ここに日記として綴っていくのにも
    やっぱり同じくらいの時間をかけても
    決して無駄じゃないくらいの貴重な瞬間ばかり

    撮った写真を見ていると
    そのときカメラを向けていた
    自分の気持ちも
    景色の向こう側に写っているようで

    どれもこれも特別な写真たちだから


    あらためてここからは・・・


    パリでの素敵な思い出の日々を
    短くまとめてしまわずに

    ゆっくり時間をかけて
    それぞれの貴重な瞬間の積み重ねを
    丁寧に綴って行こうと思います

    なんだかそんな気分になったので
    ふと『決意表明』 笑


    今まではせっかくたくさん撮っても
    撮りっぱなしにしてしまいがちだっから

    これからはパリをスタートにして
    もっと前にもさかのぼって
    せっかく行ったさまざまな国の
    素敵な景色と思い出を
    ここに残していけたらと思っています

    小さく切り取ってすこしづつ
    これなら継続力に欠ける私でも
    なんとか続けていけそうだし 笑

    新しいフォルダに『名前をつけて保存』

    そうやってただひとところに
    保存されてばかりの写真データを

    ひとつひとつ大切に取り出して
    『題名をつけて保存』していこう

    そんな気持ちです。



    さてさて本題へもどります


    改めまして・・・


    『パリの朝~le matin de paris~』


    日本を発って24時間以上が過ぎ
    時差を7時間さかのぼって

    12月16日 曇り空の朝10時すぎ

    初めてのパリの朝の道を
    ルーブル美術館へ向けて歩き出しました

    この旅の一番の目的
    『モナリザ』に会いにいくためです


    画像 035


    場所はどこということもなく
    とある曲がり角

    時計は8時だけれど
    これは残念ながら止まってます 笑

    この旅の途中に
    出会った唯一のガイドさんが教えてくれた
    素敵な言葉があるんだけど

    『パリは街全体が博物館』

    ・・・だって。

    すご~くうなづけて
    まさに納得で

    その言葉を見るもの見るもの全てで
    実感させられた旅だったけど

    この建物もまさにそれでした

    『私、今、パリにいるんだぁ~っ!!!』
    そう思わせてくれるものがいたるところに。

    ふとした曲がり角で
    こんなに素敵な建物に出会える

    そんな街がパリなのです

    画像 036



    これは通りの名前の標識
    街のいたるところで見つけることができます

    『Rue Vivienne(リュ ビビエンヌ)』
    『ビビエンヌ通り』と書いてあって

    上の段の『2e Arrt.』『2区』ということ

    パリの街はよく
    『かたつむり』と称されるんだけど

    その由来は

    街の真ん中を東西に流れるセーヌ川の
    さらに中心部が『1区』

    ルーブル美術館があるのがまさに『1区』

    そこから時回りに『2区』『3区』・・・と
    ぐるぐる回りながら全部で『20区』まで

    まるでかたつむりのように
    らせん状に連なってできていることから
    そう呼ばれているのです

    ある意味とってもわかりやすく
    これを覚えておけば
    地図もみやすくて便利

    さらにパリの通りには
    どんなに小さな通りにもすべて名前がついてるので

    区と通りの名前で
    かならずそこがどこかわかります

    ふだんならかなり
    『地図の読めないオンナ』であり
    極度の『方向音痴』な私だけど

    この旅のおかげで地図を見る目が鍛えられ
    すっかり『できるオンナ』に昇格したと
    自分勝手に自負しております 笑

    ホテルの前から続くビビエンヌ通りを
    ずっとひたすらセーヌ川へ向けて進むと

    たどり着いたのは『Palais Royal(パレ・ロワイヤル)』

    訳すと『王宮』と呼ばれるその場所を
    次はゆっくり紹介しますね♪




    関連記事

     1日目・ルーブル美術館

    2 Comments

    まいこ  

    Comment ca va?

    こんにちは!
    共感することばかりで、頷きながら読み進めてます♫
    旅行で得たたくさんの経験や感情って、時間がたっても特別な感じがしますね。
    旅したのと同じ季節になると、フッと思い出して嬉しくなったり…

    私もかおりさんと同じく方向音痴^_^
    イメトレする気持ちすごーくすごーく分かります。
    だって自然に迷っちゃいますもん(笑
    腕時計につけられる方位磁石ほしいです〜♫

    2012/10/09 (Tue) 12:43 | REPLY |   

    かおり  

    東急ハンズ☆

    の、旅行用品売場で見つけましたよ~
    ハンズの品揃えの多さは
    『かゆいところがガシガシ掻ける』レベルですね 笑

    ぜひゲットしてみてください♪

    ローマ、フィレンツェの旅うらやましい!
    私もほんと共感することばっかりなので
    次のまいこさんの旅には勝手に私も乗っかって
    まるで自分が行くかのような妄想で楽しませてもらいますね☆

    これからのブログもほんと楽しみにしてます!

    2012/10/09 (Tue) 17:25 | REPLY |   

    Leave a comment