*Café de Kaori*

     パリに恋する私の旅の記録と、日々のちいさなしあわせ日記。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     スポンサー広告

    ルーブルの午後~L'après-midi du Louvre~

    このルーブルシリーズももう第4回目
    だけどまだまだゴールは見えてきません 笑

    『え~?またルーブルぅ???もうお腹いっぱぁい!』
    ・・・なんてツッコミも聞こえてきそうですが

    それは右から左へ受け流して・・・(古~っ! 笑)

    改めまして今日もまたまた
    巨大な芸術の要塞・ルーブル美術館でのお話を♪


    時は 2011年12月16日 午後1時頃

    一人旅には心のオアシス
    世界一有名なお食事処?『マクドナルド』での
    初ランチを済ませたあと・・・笑

    午後の部のスタートです☆

    まず向かったセクションは『シュリー翼』
    その『半地階』と呼ばれる地下のフロア

    ここではまさにルーブルのルーツ
    『中世のルーブル』を見ることができます☆


    2011-12-16 12.56.16


    上部に書かれた
    『LA CITÉ INTERDITE AU LOUVRE』

    訳すと『ルーブル美術館の故宮』・・・
    故宮とはいわゆる中国北京の『紫禁城』のこと

    その昔のルーブルと同じく
    広大な敷地は高い城壁に囲まれ
    その中には多くの建物が整然と配置されている

    ・・・と説明される紫禁城

    もともと王宮でもあったというルーブルを
    例えるにふさわしい歴史的建造物の名です

    ここで見ることができるのは
    13世紀にルーブル宮がまだ
    パリを守る要塞だった頃のままの城壁!

    フランス革命200年事業の一環として行われたルーブル大改装

    その際にあのガラスのピラミッドが作られたのですが
    その大改装にともなう工事中に発見されたのがこの城址・・・


    2011-12-16 12.57.17


    きれいに残っていた中世の城壁跡を
    そのまま見学できるようにしたものです☆


    2011-12-16 12.57.05


    これはその頃のルーブル宮を再現したものでしょうか☆
    かなり高い位置にしか窓が作られていない
    まさに国家を守る要塞だったんですね

    そしてこの『中世のルーブル』を進んでいくと
    次に出会う古代の作品・・・


    2011-12-16 13.00.13


    古代エジプト部門の入り口にドドンと待ちかまえている
    ファラオ時代の『タニスの大スフィンクス』です☆

    私のいつか行ってみたい国
    見て見たいものランキングあれば
    必ず答えるのがエジプトのピラミッド

    思いがけずパリの真ん中で
    遠くエジプトのピラミッドに
    思いを馳せることができた瞬間でした☆

    お次は・・・

    半地階のエジプト部門から階段を上り1階へ


    2011-12-16 13.01.20


    古代エジプト部門とつながって
    古代ギリシャ・エトルリア・ローマ美術部門に入ります


    そこで出会った超有名作品・・・


    2011-12-16 13.02.59


    『ミロのヴィーナス』~Vénus de Milo~
    アレクサンドロス作 紀元前130年頃

    『ミロ』とはエーゲ海のミロ島で
    発見されたために名づけらたもの

    ギリシャ神話ではヴィーナスと呼ばれる
    海から生まれた愛と美の女神
    アフロディーテを表している大理石の彫刻です

    教科書で何度も見たけれど
    やっぱりホンモノは迫力が違います!

    そして何より美しい・・・☆

    もともとはあったとされる両腕
    その手にはりんごを持っていたとかいないとか・・・
    まさにギリシャ神話ですね!神秘的です☆


    2011-12-16 13.05.25


    これは教科書には載っていないレアな後ろ姿☆
    ルーブルでしか見ることができない
    そこに実際立った人だけの特権ですね♪

    お下品な表現ですが・・・

    は・・・半ケツ・・・!!!

    いやん、ケツだなんて・・・
    ヴィーナス様!これはこれはワタクシ
    大変しっつれいいたしました 笑

    艶かしく美しい後ろ姿をマジマジと鑑賞したあとは

    うってかわって
    グラディエーターを彷彿させる
    たくましい男性像のこの彫刻作品・・・


    2011-12-16 13.12.29


    『マルクス・アウレリウス・アントニヌス』~Marcus Aurelius Antoninus~


    2世紀頃、第16代ローマ皇帝だった偉大な人物
    彼は数々の名言を残していて

    『幸福はどこにあるのか?

     名誉を愛する人は、
     他人の行為の中にあると考える

     快楽を愛する人は
     自分の感情の中にあると考える

     悟った人は
     自分の行動の中にあると考える』


    『未来を思い煩うな
     必要あらば 現在役立ちうる知性の剣にて
     十分に未来に立ち向かわん』

    などなど・・・
    他にもたくさんあるそうですが
    どれも心の奥底にグッと響く深イイ名言です☆

    偉人の言葉は時代に関係なく
    いつの世にも通じるものなんですね


    2011-12-16 13.10.38


    このセクションでももちろん頭上には
    素晴らしい天井画が☆


    2011-12-16 13.14.21


    柱の上部から天井へのアプローチにも
    細かい装飾と美しい絵が描かれています☆

    そしてフロアは同じ1階のまま
    シュリー翼からドゥノン翼へ戻り・・・

    ここでも必見の傑作☆


    2011-12-16 13.26.03


    『瀕死の奴隷』~Captif (l'Esclave mourant)~

    ミケランジェロの未完の大作です

    後ろにある凱旋門とのコントラストが
    なんとも素晴らしい☆

    何といってもミケランジェロの作品=筋肉美!

    脇腹に縦に入った筋肉のすじ・・・
    よっ!ナイス腹直筋!

    太すぎず細すぎずのちょうどいい腕・・・
    おっ!ナイス二頭筋! 

    細マッチョのナイスバディーに
    心の中で思わずそんなかけ声まで
    出てしまいそうです 笑

    そしてお次は・・・


    2011-12-16 13.28.40


    『アムールとプシュケ(エロスの接吻で目覚めるプシュケ)』
     ~Psyche ranimee par le baiser de l'Amour~


    アントニオ・カノーヴァ作 1787~1793年

    はぁ~~~なんて美しいんでしょう♪
    ため息がもれちゃいます☆

    この像はある神話のワンシーンを表していて
    その神話がまたステキなんです☆

    アムールとはエロスとも呼ばれる『愛の神』

    そしてプシュケは地上の人間界で
    絶世の美女だと噂される『王の末娘』

    アムールの母である美の女神アフロディーテが
    プシュケのその美しさを妬み
    息子であるアムールに彼女を『鉛の矢』で射るよう命じます

    (先に見たミロのヴィーナスがまさにそのアフロディーテでしたね☆)

    彼はプシュケの寝顔のあまりの美しさに惑わされ
    なんと間違って、しかも『鉛の矢』ではなく
    『金の矢』を自分に射てしまったのです

    金の矢と言えば『キューピッド』のあの矢のこと
    アムールはなんとプシュケに恋に落ちてしまうのです☆

    そしてプシュケもアムールを想うようになり
    みごと金の矢はアムールの恋を実らせるのだけど

    アムールは神である自分のことを隠しながらの恋・・・

    夜の暗闇にまぎれてでしか
    愛するプシュケに会えなかったのです

    そして人間の王の娘であったプシュケは
    その禁断の恋のせいで
    神々から幾多の試練を受けることになります

    許されない2人の恋
    まるでロミオとジュリエットですね☆

    そして試練の中、一度は命を落としてしまうプシュケも
    最後には恋するアムールの元に
    神々の仲間として迎えられ結婚をゆるされます

    この像はその再会のシーン!

    白雪姫にキスをして魔法を解く王子様のようです!
    なんてロマンチックなんでしょう♪

    ・・・・・とラブラブな像を目の前に
    なんだか気分もホッコリ☆

    そして時間はそろそろ3時のティータイム♪
    ここで少し休憩を入れることにしました☆

    向かったのはランチにも行った
    『カルーゼル ドゥ ルーブル』


    2011-12-16 14.22.24


    今度はちゃんとレジに並んで
    飲み物とフルーツをゲット☆

    瓶に被せられたかわいいニット帽は
    どうやらクリスマスのおまけみたいで

    レジのおねぇさんが
    ニコっと笑顔を見せつつ
    ちょこんとかぶせてくれました☆

    では恒例の『オリジナルガイドブック』にチェック☆


    ガイドブック


    こんな感じで着々と制覇です☆
    さぁいよいよルーブルも
    次回で完全制覇なるか???

    ・・・・・ならないか???

    ・・・・・なればいいんだけど!!! 笑

    結果はまた次回をお楽しみに~♪




    関連記事

     1日目・ルーブル美術館

    - 4 Comments

    ゆうひ  

    No title

    彫刻三昧ですね♪ ←コメントおかしい?
    そうか、ミロのヴィーナス、たしかにバックスタイルは見たことないです!
    は、はんけつだったのね・・・
    (いや、それは言いたくなりますね)

    瀕死の奴隷っていうのはなんだかスゴイネーミングですねぇ
    奴隷というとちょっとお痩せになっている感がありますが・・・
    超肉体美のままなんですねi-229

    天井画もスバラシ~

    着々と予定をこなして・・・次はなんでしょうかi-176

    凸♪

    2012/11/06 (Tue) 11:54 | REPLY |   

    かおり  

    ゆうひさんへ♪

    まさにその通りっ 笑
    うまい具合に彫刻三昧コースでしたよ♪

    ヴィーナス様のお尻には悩殺されましたが
    半ケツ呼ばわりはいけませんよねぇ~☆

    でもいつかパリに行かれた時には
    ぜひしかと目の前でご確認くださいね 笑

    瀕死の奴隷もあえて触れませんでしたが
    そのあられもない姿に思わず
    『モザイク入れたほうがいいかしら?』なんて
    一瞬思った私でした 笑

    これまたミケランジェロ様に謝らなくちゃです!

    次こそはいよいよルーブルのフィニッシュ☆
    お楽しみに・・・・・♪

    2012/11/06 (Tue) 19:13 | REPLY |   

    まいこ  

    圧巻ですね☆

    おおお~!
    ルーブルが要塞だったなんて初めて知りましたよ~

    各階だけでも見ごたえ充分なのに、
    すべてじっくり鑑賞しようとなったら
    それこそ何日かかるんでしょか。。。ルーブルすご過ぎ。

    しかも教科書レベルの名作名品がざっくざく!
    ミロのヴィーナスをこんなに間近でなんて☆
    日本ではまず難しいですもんね。
    マダーム&マドモアゼル、半ケツだって大サービスさ←

    そしてアムールとプシュケの素晴らしさ。。。
    はああ~。。ため息ものの美しさです。
    映画のワンシーンを切り取ったみたいですね。

    モナリザ様やカノーヴァ、ミケランジェロなど花ざかり。
    私もいつかぜひぜひパリに行ってみたいです♪(^^)

    2012/11/12 (Mon) 19:56 | REPLY |   

    かおり  

    おかえりなさい~♪

    さっそくのコメントありがとうっ!

    ほんとにルーブルには
    夜間開館してる曜日の丸一日をあてておいて正解でしたよ☆
    もちろんそれでも時間は全然足りませんでしたが・・・・笑

    うっかり午後からや夜から他の予定でも入れようものなら
    間違いなくあきらめざるを得なかったはず!
    旅のスケジュールは詰め込むより
    ゆとりを持ってみておくべし的な教訓に改めてなりました☆

    そして今回はオブジェ特集でしたが
    楽しんでいただけたようでなによりです♪
    それぞれの作品にまつわる物語を紐解くと
    見方も全然変わってさらに
    その作品の奥深さに感動させられます・・・

    いつかイタリアへの旅を少し延長して
    ぜひフランスへも足を伸ばしてみてくださいね☆

    そしてそして・・・

    まいこさんの旅日記、とっても楽しみにしてますっ!
    だけどまずは荷ほどき&休息タイム
    ゆっくりとって休んでくださいね♪

    2012/11/12 (Mon) 21:25 | REPLY |   

    Leave a comment

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。