*Café de Kaori*

     パリに恋する私の旅の記録と、日々のちいさなしあわせ日記。

    凱旋門を見上げて・・・~ Arc de triomphe de l'Étoile~

    12月のパリのキュンとした冷たい空気と
    青空からやさしく降り注ぐ陽の光を
    全身で受け止めながら

    ドキドキいっぱいの私を乗せた
    2階建てオープンバス『ロープントゥールバス』は
    シャンゼリゼ通りをまっすぐ進んで
    いよいよ凱旋門の目の前へ♪


    画像 109


    ドドーーーーン、と、どアップの凱旋門☆☆☆

    ・・・というよりもおっきすぎて
    近いとカメラに収まりきらないっ!

    テレビや写真で何度も目にして
    見慣れていたつもりの
    頭の中の凱旋門よりも

    やっぱりホンモノの存在感はすごい!!!
    圧巻!!!まさにそのひとことでした☆

    『うわぁ~~~すごい!!!』と
    まずはこの感動を声にして叫びたいけど
    それよりも切実な気持ち・・・

    『運転手さん!もっともっとゆっくり走ってぇ~!』
    歩くくらいか、できれば・・・牛歩で 笑

    全ての瞬間をカメラに納めておきたい気持ちと
    直接この目に焼き付けておきたい気持ちとの間で
    せつなく揺れ動く乙女心(おおげさ?笑)に
    気づいてもらえるわけもなく・・・

    はい、そんなことはまったくおかまいなしで
    あれよあれよとバスは進んで行きます


    ロープン・凱旋門


    地図で見るとこんな感じ☆

    左下にある最寄りの停留所まで
    凱旋門の周りをくるっと4分の3周♪


    画像 112

    ポストカードになることもほとんどない
    その場に行かないと見られない貴重な横顔♪

    スリムな横顔もなかなかシュッとしてるねぇ~☆
    (関西弁で「シュッとしてる」=「イケてる・カッコいい」の意 笑)

    画像 114


    さてさてもうすぐ後ろ姿☆
    ・・・といっても
    ほぼ両A面?なので見た目は変わりませんが・・・笑
    (いやいやほんとは表と裏のデザインは若干違うんですよ~)


    画像 115


    どこを切り取ってもほんとに
    すばらしく絵になる景色♪
    シャッターを切り出したら止まりません!

    カメラに連写機能があったら
    パラパラ漫画にしてずっと見ていたいくらい!

    大変恐縮ですが・・・
    『写真集・凱旋門を見上げて・・・photo by かおり』に
    もうしばらくおつきあいくださいね 笑


    画像 116


    そして停留所に無事到着~!

    1日券を持っていれば乗り降り自由で便利なこの
    ロープントゥールバス☆

    またあとで次の場所まで連れてってねと
    ここでいったんバスを降ります

    さてさてさっそく
    凱旋門の裏側から正面へ♪

    ・・・とはいっても凱旋門の周りには
    車がぐるぐる行き交ってきて
    どこを見ても横断歩道はありません

    と、ここで頼りになるのが
    『かおりオリジナルガイドブック』→☆手作りマイガイドブック関連記事☆
    凱旋門へのアクセスをまとめたページを見ると・・・


    2013-02-06 16.42.24


    ☆入り口わかりにくいので注意!←←・・・ふむふむ、たしかに。
     
     2ヶ所の入り口から地下道でアクセス。
     シャンゼリゼ通り入り口か反対側グランダルメ大通り
     ふたつの大通りを結ぶ
     地下通路の途中で上に出ればOK
    ←←・・・なぁるほど☆地下道ね!

    降りたバス停から少し戻るとグランダルメ通り
    その通りの脇に地下へ降りる階段が♪

    地下道ってなんだかちょっと怖い感じもするけど
    ま、午前中だし、なによりバリバリの観光地
    ただ、私が降りた方はいわゆる『裏側』だったから
    人通りは少なくてちょっとドキドキでした

    シャンゼリゼ通りにある地下への階段を降りるほうが
    きっと人通りは多いと思います

    地下道をまっすぐ進むとチケットを買う人の列が見えてきました
    ひとまず私は地上に上がって凱旋門の真下へ☆

    地上に出るとそこは凱旋門の足元真横☆
    あのシュッとした細い方です 笑

    なんだか・・・暗いトンネルを抜けた瞬間
    真っ青な空と海が見えた時のような
    なんとも言えない感動がありましたよ~

    そしてゆっくり凱旋門の真下へ☆
    お腹の部分を見上げたところがコレ・・・
     

    画像 118


    キレイに並んだお花のようなレリーフと
    周り一面にもびっしり細かく柄が浮き彫りになっていて
    すごく手が込んでいることがわかります☆


    画像 147


    間近に来て改めてよく見てみると上部にも
    細部にまで手の込んだレリーフがとても美しく・・・


    画像 148


    逆に両側の足元には今にも飛び出してきそうな・・・


    画像 149


    立体的で躍動感あふれる彫刻がすばらしくて・・・


    画像 145


    このレリーフは『1792年の義勇軍の出陣』
    リュードという彫刻家の作品です♪

    通称が『La Marseillaise(ラ・マルセイエーズ)』
    そう、フランス国家の題名なのです

    そもそも凱旋門とは・・・
    ここでちょっとマメ知識を☆
    旅のバイブル『地球の歩き方』から抜粋しちゃいます

    まずは・・・

    『凱旋門』とは戦いに勝利したことを称え
    その記念として造られた門のこと・・・


    なぁるほど、だからここは『エトワール凱旋門』
    ルーブルにあるのは『カルーゼル凱旋門』・・・と
    世界中には数々の戦いの勝利を称えた
    いろんな凱旋門があるってことね☆

    1805年に勃発したオステルリッツの戦いの際
    フランス軍は自分たちの倍の規模をもつ連合軍を相手に
    ナポレオンの指揮のもと劇的な逆転大勝利を収めた
    それは全ヨーロッパの予想をくつがえす
    劣勢からの奇跡的大勝利だった


    あ・・・これってこないだ見た
    まさに『のぼうの城』と同じ!

    石田三成率いる2万超えの軍勢に大して
    成田長親が率いた農民含めてたったの2千の軍勢・・・

    そんな10分の1ほどの軍勢にもかかわらず
    成田軍が大勝利を収めたという実話でしたね~
    それも歴史に残る大勝利です☆

    そしてそして凱旋門に戻り・・・

    この勝利としてナポレオンは当時5本の大通りが集まっていた
    『星型広場(エトワール)』に大凱旋門の建設を命じた


    なぁるほどっ!!!

    フランス語で『Étoile(エトワール)』はまさに『星』
    星の凱旋門、とっても素敵なネーミングです♪

    そしてこの大きさ!!!
    さすが皇帝ナポレオン、スケールが違いますね

    そんな歴史的意味を持つこの凱旋門の真下に
    遥か8時間の時差を飛び越えて
    自分が立っていたんだなぁって思うと
    とても感慨深いものがあります・・・

    さて凱旋門を見上げたあとは
    気分はまさにナポレオンとなって
    憧れのパリの街を上から見下ろしますよ~!

    それはまた次回のお楽しみです♪

    関連記事

     2日目・パリ市内観光

    8 Comments

    ゆうひ  

    No title

    おぉ~~きたきた~~☆
    真っ青な空!
    すばらしいアノ凱旋門!!
    えーー?バスは普通に通っちゃうのですか??
    牛歩(笑)でもたしかにそうしてほしいi-237

    横顔初めて見ましたよーー!
    うんうん、シュッとしてはるわぁ♪

    義勇軍の彫刻、ほんとにすばらしいですね!!
    かっこいい・・・
    さわってみたい・・・←ムリよ

    それにしてもオリジナルガイドブックすごすぎi-176

    上からの眺め、楽しみにしてますよ~i-179

    凸♪

    2013/02/07 (Thu) 15:36 | REPLY |   

    かおり  

    ゆうひさんへ♪

    お待ちかねの凱旋門ですっ♪
    ロータリーのような場所なので
    それなりにゆっくりではあったんですが
    やっぱり写真とりたい派としてはそれでも速くて・・・
    ちょ、ちょ、ちょっと待ってぇ~!って感じでした 笑

    ね、シュッとしてますよね~☆
    (シュッとって言いたいだけでもありますが 笑)

    義勇軍のレリーフ
    これがけっこう高いとこなんですよね~
    でもナデナデしてみたい気持ち・・・わかりますよ☆
    ビリケンさん的な?? 笑

    ガイドブック、作るのほんと楽しかったですよ~♪
    夏休みの自由研究やってるみたいな・・・
    切ったり貼ったりまとめたり・・・
    旅は準備から楽しむのが一番ですよね!
    ぜひぜひ上からの眺めも期待しててくださいねっ☆

    2013/02/07 (Thu) 16:59 | REPLY |   

    たかこ  

    No title

    普通にバンバン車が通っているのかしら???
    どうやって観光するの???
    私は帰って来てから、手作り旅日記作りました。
    そうなの~楽しかったの~根暗だな~と思いながら、チマチマとw
    パリと言えば凱旋門とエッフェル塔ですもんね!!!v-20
    目の前にすると、きっと「あ~テレビで観たわ~」って思ってしまうほど、逆に圧倒されそうだわ。

    2013/02/08 (Fri) 12:25 | EDIT | REPLY |   

    かおり  

    たかこさんへ♪

    そうなんですよ~バンバン通ってます!

    もともとは凱旋門を中心に
    5つの通りがあったとなっていますが
    今では7本も増えて大小12本の通りが
    放射状に伸びてるので
    たくさんの車が凱旋門の周りをぐるぐる回って
    方向転換してるんですよ~

    なので凱旋門の楽しみ方は
    シャンゼリゼ通りからの景色を見るか
    真下まで行って見上げるか
    登るか・・・って感じです~♪

    ぜひぜひ近くで圧倒される瞬間を楽しんでみてくださいね☆

    2013/02/08 (Fri) 15:36 | REPLY |   

    かなこ  

    シュッとした顔好き~!!

    凱旋門ってそういう意味やったんやね~笑

    初めて知りました^^

    私もシュッとした顔好きやから、生で見てみたいわ~♡
     
    でもそんな大ロータリー…
    私絶対運転できないやろーなー。

    一回入ってしまったら、抜け出せない…的な?
    まあ誰も私に運転なんてさせないだろうけどね…笑

    2013/02/08 (Fri) 17:10 | REPLY |   

    かおり  

    かなこチャンへ♪

    間違いなくひたすらぐるぐる回って
    最後はバター?チーズ?になってしまうんじゃない?

    ま、私もやけどね〜笑

    そのときは助手席に乗らせてもらうわ
    運命共同体として 笑

    2013/02/09 (Sat) 12:51 | REPLY |   

    まいこ  

    凱旋門キタ!

    かおりさんこんにちは♪

    きたきたきた~!
    凱旋門のお出ましですね!
    写真やテレビでも遠目からしか
    見たことなかったので、
    手の込んだレリーフに見入っちゃいました^^

    どっちから眺めても威風堂々、両A面♪
    凱旋門やエッフェル塔にバスが近づいていくと、
    「パリに来たどーーーー!!!」
    って感激が込み上げてきそうですね。

    ロープントゥールバスのコース、
    ほんとに充実してますね。
    いつか私もパリの街並みをお散歩してみたいです^^
    どの季節もステキでしょうね~☆
    写真を撮ったり、途中でカフェに寄ってみたり。。
    いま想像しただけで脳内に幸せホルモンが
    パアアと分泌されました(笑

    徐々に全貌が明らかになる(←大げさ?笑
    かおりさんオリジナルガイドブックも
    とっても楽しみなのです^^

    2013/02/09 (Sat) 17:47 | REPLY |   

    かおり  

    まいこさんへ♪

    まさに威風堂々!!!
    パリのパリらしい風景ランキングがあれば
    エッフェル塔と肩を並べて一位タイってとこですもんね☆
    ほんと感動もひとしおでした!

    『パリに来たどーーーーー!!!』も
    心の中でよゐこの濱口バリに叫んでましたよっ 笑

    ロープントゥールはぜひぜひパリ旅がいつか叶うなら
    1日はぜひ利用されることをオススメします☆
    コースも4コースあるので
    1日ごとに1コースずつでもパリを満喫できそうですよ☆

    オリジナルガイドブックもお恥ずかしながら
    まいこさんにまで楽しんでもらえて作った甲斐がありましたよ~
    人にお見せするほどのものでもなく
    完全に自己満足のタマモノだったんですが・・・笑

    この旅日記のところどころでまだまだ登場予定なので
    良かったらぜひお楽しみに~♪

    2013/02/10 (Sun) 00:44 | REPLY |   

    Leave a comment